琵琶湖エエトコ

日曜日には母と滋賀県にバスツアーに行きまして。
過去に何度か滋賀県に行っていますが、のんびり穏やかで良いところです。
今回のバスツアーの目玉は水郷めぐりでしたが、その前に琵琶湖博物館へも寄りました。
規模も展示品の前知識も何も知らずに行ったら、これが広くて一時間程度では館内を全部見きれない。
もうバスが出発するギリギリの時間で、展示物を横目に見ながら小走りで出口へ向かっていたら、なんとアザラシがいるじゃありませんか・・・!!

なんてこった!
アザラシの前で和む時間を取りたかったよ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

↑お留守番わんこのことを思い出す。

展示の説明も見ないまま帰阪しましたが、よくよく考えるとアザラシって海の生物だったような?
あれは、琵琶湖とどういう関係があったんだろう?

兄に聞いたら「あれビワコアザラシやで。」と説明されました。
へー。
・・・。
・・・・いやいやいや!
聞いたことないよ!
そんなの居たら上野のパンダより注目されるでしょうよ!(勝手な憶測)

自分で調べたら、彼らはバイカル湖に生息するバイカルアザラシと言って、唯一淡水に住むアザラシだそうです。
琵琶湖とバイカル湖が同じ古代湖(400万年位の歴史を持つらしい)で、その関わりで居たのではないかと思います。
でも琵琶湖の博物館にいるから、彼らはもうビワコアザラシで良いような気がする。
きっと水も琵琶湖の水だろうし。

というか、兄。
しれっと嘘を教えおって・・・。(#^ω^)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

因縁の中之島

次の記事

恒例の誘惑