シャドーボックスになりました!

皆様、シャドーボックスと言うものをご存知でしょうか?
何枚も紙を重ねて立体的な絵を作っていくものなのですが、今回なんと私のイラストをシャドーボックス作品にして頂きました。
昨年の個展においでになった川鍋様(日本シャドーボックス協会のコッフル・ア・イマージュの講師をされています。)が、私のイラストで作品を作りたいとのありがたいご要望があり提供いたしました。
それから三ヶ月・・・。

出来上がりがこちら!
 

素晴らしいです・・・。
本当にありがとうございます!!

(こっち元絵)↓
 

立体ですので、焦点の合わせ方次第でまた違って見えますね。

 


(写真が下手なので雰囲気だけ(T_T))

実は左ページ下には十月の月が、右ページ下には十二月の冬の森がある設定なのですが、なんだかページがめくれそうです・・・。

木の葉も勿論ですが、動物の髭もちゃんとありますし、耳もちゃんと立体になってます。

凄く細かい作業をされています。

こんなことなら私はもっと丁寧に描くべきだった。
切り難かったのでは・・・。
_| ̄|○

自分のイラストを、他の作家様を通して作って頂くと発見が多くて感心しきりです。

物の捉え方やキャラクター、空気感も違うものになるのですが、それがものすごく新鮮でした。
伺うと、同じ絵でも作る人によって違う仕上がりになるそうです。
また、額は別の講師の方に作って頂いており一層素敵になっています!
そして、注目は右端と左窓のミノムシ。

川鍋様曰く、可愛かったのでミノムシ用の窓を付け足したそうですが、ここだけでも独立した作品になっています。
かわいいな。(*´﹃`*)
私に撮影技術がないので、シャドーボックスの魅力を十分伝えきれないのが残念ですが、今回の作品に限らず、シャドーボックス作品は直接ご自身の視点で楽しんで頂きたいですね!
2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

はるのきせつ

次の記事

禁断の地へ