ぼくの鳥はいずこ

先日JILLA装画塾の第二回がありました。
「ぼくの鳥あげる」(作:佐野洋子さん 絵:広瀬弦さん 装丁:宮川和夫先生)の装画を描く宿題が出ていて、その講評がメインの一日でした。
参加者の皆さんの作品はどれも面白く、宮川先生の講評はとても刺激になりました。

そして、己の力の無さにがっかりしてお家に帰るというのが定番になりつつあります。

本とは一ミリも関係にゃい

ひとまず、気持ちを切り替えてまた描きまんねん!!

うりゃっ!!!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ


にほんブログ村

3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です