さざえにおもう

台所から声を潜ませて私を呼ぶ母。

何事かと思ったら、触手をお空に向かってにゅ〜っと伸ばすサザエ(頂き物)と母が対峙していました。

「・・・一生懸命生きてるんやで・・・。」
捌くのに躊躇している様子でした。
サザエを飼うにも水槽もないですし、きっと今後貝を食べられなくなるですよ。

犬を飼いだしてから、生き物に対しての気持ちが随分変わりました。
だから生き物の命を頂く場合は、決して雑にしてはいけないなと思います。
サザエ、刺し身とつぼ焼きで美味しく丁寧に頂きました。
ごちそうさまでした。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

拡散する土産たち

次の記事

暑い仲