十連休のフェルメール

この連休中大阪市内から人は消え、皆海外か国内の風光明媚な土地へ移動したものと考えていました。
しかしフェルメール展を開催中の大阪市立美術館前は人で溢れていました。
私と同様にどこへも行けなかった人たちの何と多いことかと(私見)密やかな同胞意識を感じたものの、やはり会場前の人だかりを見ると心が折れそうになりました。
係の方に尋ねたら、最終日まで多分こんな感じだと思いますと言われたので、最早気合で入館しました。
展示会場は当然ながら、ゆっくり観られませんでした・Yo!ヽ(=´▽`=)ノ
空いた場所から御覧くださいとアナウンスされますが、どこにもないよ、空いたとこ。(美術館の方も大変です。連休中おつかれ様です・・・。m(__)m)
いつもなら画集を買うのですが、レジに並ぶ行列の長さに断念してしまいました。
人混みや行列はどうも慣れそうにありません。
お家でひっそり過ごすというのが私には合ってるようです。

「居残り課題を受ける生徒と監視する教師」
会場で人気投票第一位
本物はこんなのじゃないです( ;∀;)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 犬ブログへ


にほんブログ村

3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です