価値ある日時

珍しく思い付きで、年末にカレンダーを用意しました。

一月中頃から終わりに買うのが常なのです。
理由は定価の半額くらいで買えることがあるためです。
(買えないこともあります。)
そういう時期に買うデメリットとしては、新しいカレンダーの紙が一枚分、ほぼ無駄になること。
また、カレンダーが家に無い間は日時が混乱し、ぼやけた日々を感じることです。
日時も実際、間違えたこともありました。
しかも、年始がぼやけると、後の月に響きやすくなるのです。
トーンダウンしてしまうというか。
もう一つ言うと、欲しい柄や形のカレンダーが既に売り切れていることも多々、とても悔しい思いをします。

・・・。

ここまで書いて、初めて今までの自分の愚かさに気付いた・・・。

○| ̄|_
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です