それは裏返し


さあ、描こうと手元の水張パネルを見て崩れ落ちる。
紙が裏返しだった。○| ̄|_
アルシュ紙は、貧乏なワタシにはあんまりにも高級すぎて普段使いできません。
それでも、いつでも描けるように水張りして用意してたりします。
紙表面のエンボス加工(透かし)してある、アルシュと言う文字が読める方が表なのです。
でも、ほら、裏返しても読めるっちゃ、読めますわな。
かのダヴィンチ先生だって鏡文字書いちゃうくらいで、
文字の形って、脳内で再構成したら、読めますわな。
読めるから表やん、水張りしちゃうよーって。

どうしたの、あの日の私。

でも、私の技術では表裏関係ないよねえ〜。

それもどうなのとも思わなくもない・・・。
ドントマイン。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です