おとめの一人ショー

いかにも乙女、って言う柄や形の服達。

今なら買える。
しかし買える頃には似合わない。
人前で着る勇気もない。
そんな時は、家で着ることにした。
ひらひらの裾を翻し、気分は妖精です。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です